【安くて美味しい】鯛のアラを使った鯛めし

鯛のアラを使った鯛めしご飯

レシピの説明

鯛のあらは切り身を使うより脂があり美味しくて節約になります。骨やうろこ取りが大変なので、食べるときに注意して下さい。お米はこんにゃく入りを使うことでカロリーカットしています。

調理時間

80分

調理器具

フライパン・鍋電子レンジトースターオーブンHB
フライパン・鍋不要電子レンジ不要トースター不要オーブンレンジ不要ホームベーカリー不要

材料(2合)

材料分量
1合
こんにゃく米1/2合
400cc
鯛のアラ1パック
料理酒大さじ3
適量
昆布(なければ粉末だし)1/2枚
しょうゆ小さじ1/4

このメニューはこんにゃく米を使っていますが、米2合でも代用可です。

作り方

1

鯛のアラを使った鯛めしの作り方01

米1合、こんにゃく米1/2合を用意します。

2

鯛のアラを使った鯛めしの作り方02

米は研いでおきます。

3

鯛のアラを使った鯛めしの作り方03

鯛のあらに料理酒と塩をふります。

4

鯛のアラを使った鯛めしの作り方04

炊飯釜に米とこんにゃく米を入れます。2合の目盛りより60cc少なめにします。白米のみなら目盛り通りです。昆布、しょうゆを入れます。

5

鯛のアラを使った鯛めしの作り方05

米の上に鯛のあらを乗せて、炊きます。

6

鯛のアラを使った鯛めしの作り方06

炊きあがった状態です。

7

鯛のアラを使った鯛めしの作り方07

鯛のあらを取り出します。

8

鯛のアラを使った鯛めしの作り方08

鯛のあらの骨、うろこと身に分けます。

9

鯛のアラを使った鯛めしの作り方09

鯛のあらの身の部分だけ取り分けた状態です。

10

鯛のアラを使った鯛めしの作り方10

身をご飯に入れて、混ぜ合わせます。

11

鯛のアラを使った鯛めしの作り方11

お茶碗に盛り、今回はかいわれ大根をトッピングして、できあがりです。

概算値(1人分普通盛り150g)

予算(税込)

74円

エネルギー

187Kcal

栄養素

栄養素含有量
たんぱく質5.5g
脂質0.9g
炭水化物41.5g
塩分0.2g

まめころポイント

  • 骨やうろこの取り残しがないように丁寧に取り除いて下さい
  • お茶漬けにして食べるのもおすすめです

まめ知識

  • 鯛はグルタミン酸が豊富なため、うま味がアップします
  • 疲労回復効果のアスパラギン酸・筋肉の成長や修復のロイシンなどアミノ酸が豊富です

レシピの感想

タイトルとURLをコピーしました